植物と寄り添う暮らしの提案 サロン・デ・テ主宰


by salon-hiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

モネの庭&マダムギエのお城

ノルマンディ地方にあるマダムギエのお宅は
まさしくギエの歴史そのもの。
代々継承されている大切な暮らしのマテリアルたち。。

c0156679_2142794.jpg


ナポレオン時代の椅子とテーブル。
想い出が沢山つまっているお宅はとても心地よく
お客様を迎えるご主人とギエさんにその心を学ぶのでした。

おばあ様が刺繍したテーブルクロスやタペストリーが
大切に大切に使われていました。

歪みガラスの先にあるお庭が季節を教えてくれます。
c0156679_2211554.jpg


デジュネをいただいて午後からジヴェルニー、モネのお庭を
案内していただきました。
想えば今回は印象派。。MONETの睡蓮を訪ねる旅だった。。。
クロード・モネ…移りゆく光と色彩の画家…
c0156679_22122135.jpg


    オルセー・オランジュリー・マルモッタン美術館

    “その絵の先にあるモノを是非感じて欲しい。”とマダムギエはおっしゃいました。
               モネのお庭を歩いてなんとなく分かった気がした。。。。
c0156679_21582325.jpg


ふと睡蓮の庭を見ていて過ぎった画像…恵林寺の水面に映った桜…
そういえばあの写真を観た時、モネがいた。。。と息を呑んだのでした。

c0156679_22133437.jpg


小雨が功を奏して偶然の一枚。絵画的でしょ。。。
                       クロード・ヒロ 作……なんちゃって♪

先日、お友達とおしゃべりしていた中で、、、で、ギエさんってどなた????ん・・・
解説を。。。
マルセル・ルブラノ・ギエさん

フランスの人間国宝の称号であるメートルダール、美の継承者でもあります。

彼女の手から紡ぎだされるアーティシャルフラワーやコサージュ達はとてもエレガントで
美しく輝いています。時には朽ちた表情まで繊細に表現され自然界を卓越したお花を生み出します。フルール・ダールとは彼女のお花とパドドゥ田島先生のコラボで誕生したお花の学校なのです。
今回はギエさんのアトリエ見学とレッスンが目的の研修旅行なのです。
[PR]
by salon-hiro | 2008-10-14 22:16 | フルール・ダール