植物と寄り添う暮らしの提案 サロン・デ・テ主宰


by salon-hiro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

卒業写真

三月は旅立ちの季節。今日、娘が小学校を卒業しました。
c0156679_21122446.jpg

私も感極まって、最初から終始うるうるしっぱなし…
体育館をこうして見ると今でも放課後のバスケットボールの音、皆の声…聞こえてくる。




何故、そんなに泣けちゃうのか不思議なくらい涙が出てきて…
きっと私自身小学校の卒業式が一番想い出深いから…
人生の中において最後であろう小学校での卒業式だから…

…一番は娘達の成長に感動し、担任をしていただいた先生への
感謝の気持ちではないかと思う。

c0156679_21234336.jpg


彼は、新任教師で5年生の担任を受け持つ事になりました。
それから2年。。。子供たちと様々な珍事件?やクラスの問題に正面からぶつかっていきました。
最初父兄から高学年に新任の先生を担任させるなんて…という声も聞こえたのも事実です。
でも、そんな不安もすぐ信頼へと変えていったのです。N先生との日々の出来事を娘が毎日
楽しそうに、時には真剣に話してくれました。頼れるお兄さん的存在なのかしら…なんて
感じていたのですが、知らないうちにそこにはもっと深い絆が生まれていたのです。一年経ったある日、家庭訪問にいらした時にそう感じました。この先生はどこか違う…子供たちひとりひとりと心から素直に向き合ってくれていたのです。誠意を持って。。様々な先入観を持って生徒を見ても否めない今の時代に、真っ直ぐ子供の心を見てくれて認めてくれたのです。だから子供達も心で応えたのですね。。。彼のひたむきに頑張る姿は娘をあずけている親の私に信頼を与え、私自身にも元気をくれました。
力強く明日へ伸びる若者の未来を観るのは本当に楽しみでもあり、私も頑張らなければ…と明日への勇気をもたらしてくれます。N先生、本当にありがとうございました。親子共々感謝です。
今の気持ちを忘れず、また新しい子供達とクラスを作り上げてください。

 校長先生のお言葉に
志は千里、道は平素にあり
というご訓示がありました。お互い夢の実現の為、こつこつ頑張りましょうね。影ながら応援しています。
c0156679_215744.jpg

想い出に残る今日の日でした。
[PR]
by salon-hiro | 2008-03-19 21:57 | 暮らしの中で